flower border

「1/4の奇跡~本当のことだから~」 もう一つの本当のこと

Category読書&おすすめの本
入江富美子監督のご著書を読み終えました。

10月のパリ上映会でサインしてもらった本♪

山元加津子さんや雪絵ちゃんの詩集も欲しい!!と思ったんだけど
限られたお小遣いの中では一冊が限度!!!

悩んだ末、やっぱり、
この映画についての入江さんの思いや映画が出来るまでの話をもっと知りたい!
という思いと、
なんだか楽しい大阪パワーあふれる表紙に惹かれて。


本棚にあるだけでなんかワクワクはしてたんだけど、
他にも読む本がいっぱいあったから今頃になっての出番でした。

改めて映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」の感動を思い出しつつ、
監督たち3人が映画作りを進めるストーリーに
一緒になって加わっているような気持ちで、
一気に読めてとっても面白く、
そして、新たな感動がありました。

あんなに色んな出来事が起こって大変な中でできた映画。
入江さんの素直さ、正直さが素敵。
周りの方々も素敵な方ばかり。
もちろんかっこちゃんも本当にすごい方だとまた改めてこの本の中でも思いました。

ほとんどみなさんの声を映画や実際にお会いしたりして聞いたので、
どんどん映像や音声があふれてきて、
本当に一緒になって映画作りに加わってるような気分で読めました。
(私、集中すると活字が映画になってしまうんです。
字を追ってる感覚が消えてその世界に行ってしまいます。)


ものすごい励まされるような勇気をもらえるような一冊です♪



    





音楽やってるものとしては、
いつも映像のBGM、オープニング、エンディング曲などすごく気になるんです。
それ次第で、
音楽にそんなに精通していない方であってもものすごい影響を受けるのですから、
音楽の世界に身をおいていればものすごい気になるのは仕方ないこと。

場合によっては、すごく気に入ったときも気に入らないときも
バックに流れる音に吸い寄せられて言葉が聞き取れなかったりもします。


エンディング曲について、
監督の思いや状況も十分理解できる反面、
もっと完成度を上げたらよかったのに。。。って正直思ってました。

上映会の翌日、私達スタッフに見せていただいた「天からみれば」では
失礼ながら、ものすごい上達されていてホッとしましたもの。


でも、
ことの経緯を知ると、あ~あれでよかったんだなぁ~!って心から思えました。


パリ上映会の最後でハープで弾かせていただいた私なりの編曲での「Evrything is All Right」

緊張したし、ハープで人前で演奏するのは初めてで、
会の進行の都合で
もうかなりみなさん帰る体制になったところで私の番がきてしまい、
なかなか思うような表現で弾けなかったのだけど、、、

入江監督が喜んでくださったのが唯一の救い。
エリザベスさんたちがほめてくださったのも。

いつか、
もっとお客様が落ち着いてきちんと聞いてもらえる状況で
またあの曲を弾きたいです。


私も音楽で宇宙に感謝が増やせるような生き方したい~!!!

・・・って私には何が出来るかなぁ。
関連記事

0 Comments

Post a comment