flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音ならべ 音当て

Categoryリトミック Rythmic☆Eveil
今週のレッスンもみんな元気いっぱい。

元気すぎて、
嬉しくてはしゃぎすぎて、、、


喜んでもらえるのは嬉しいんだけれども、
先生は、ちょっと困るなぁ。。。と思うことも。




この間までリズム作りを色々やって遊んだので、
今度は「音ならべ」も始めました♪


ドレミのカードを好きな順に並べて、
実際にキーボードで弾いて見せて、
一緒に歌います。


思いのほか食いついてくれて「もっとやる~!」って取り合いになるほど♪

変なメロディいっぱい出来て面白かったです。


今度は何か言葉やリズムもつけよう♪

もっと歌っぽくして変な歌にしたらもっと面白い♪



それから、、、


毎回、音当てを少しずつやっています。

一音だけより、ドレミとかドミソとか動きがあるほうが分かり易いみたい。


和音当ても時々します。
和音のCouleurを色で当てるゲーム。

これも段々みんな当たるようになってきました♪

音色を当てるだけだから、
実はもっと小さい3歳、4歳の子でも当たるんです♪

「間違っても良いから元気良く当ててみよう♪」ってやるんだけど、

いつもなぜか、
そわそわ落ち着きの無い一番のお調子者が正解率高いのが謎。

聴いてないようで聴いている不思議。




「音あてのうた」や「和音あてゲーム」をレッスンで取り入れてるけれど
私は小さいうちに絶対音感をつけることが
必ずしも良いとは思ってないのです。

厳密なゆるぎない器械のように判定する絶対音感よりも
柔軟性のある音感の方が大事。


将来的に音楽を専門にしなくても、
相対音感的な感じで、大体分かるようになったら楽しい♪

音痴より音程良いほうが
歌った時、自分も訊いている周りの人たちも、より気持ち良い♪

そのぐらいで良いと思うの。


もし今後、音楽を真剣にやるなら
ちゃんと音程をあわせられるようになれば良いんだし♪

ラとか基準の音がいくつか身について、
Intonationが身についたら大丈夫♪

やってればそのうち嫌でも身についてくるからね。
関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。