flower border

豆乳ヨーグルト上手にできたぁ♪

Category手作り・ハンドメイド
IMG_0017.jpg昨日の続きで豆乳ヨーグルトについて。

そういえば、乳酸菌の話の元の飯山さんが乳酸菌液のこと、
普段白米を炊かない方でも誰でもカンタンに出来る方法として、
あらためて玄米(浸漬)の方法を基本にしよう!って記事を書いてらっしゃいました。
→ 写真入の分かりやすい解説

玄米を浸した水の方法(私も上手く行かなかった)よりも、
玄米丸ごと入れる方法のほうが失敗率が低いようです♪

他の方法と比べて乳酸菌の数がものすごい増えるそうです。→ シカゴさんのブログ

とぎ汁は普段炊く1、2合程度では量産できないけれど、
これなら玄米の量を増やせばたくさん作れる♪

さて、

豆乳ヨーグルトも毎回出来上がりが色々で。。。

何回目かな、5回目ぐらいでやっといい感じに仕上がりました♪



が、

どうせ後でフルーツやジャムを足して甘くしてるんだから少々甘すぎてもOK♪

お砂糖の量をいつもより多くしてみたので
仕上がったものもしっかり甘い!

やっぱり、、、
普通の分量で作る、やわらかい甘さの方がよかったかも?


豆乳と乳酸菌液の分量が10:1ぐらいが確実のようです。
お砂糖は500mlに対して10グラムぐらいが目安。

どれも結構テキトーに「こんなもん?」ぐらいで入れても
ちゃんと固まって美味しくいただけます♪


保温温度もテキトーなため、
少し豆乳をあっためて砂糖を溶かしてから乳酸菌液を加え、
良く混ぜてから開始♪
※このとき表面に出来ちゃった泡は出来るだけ取り除きます。


途中でかき混ぜた方が上手く行くそうなので、
横着をしてフタ閉めたまま時々ユサユサして混ぜてます。
(家はまだ発酵条件が抜群に良いわけじゃないので
下手にフタを開けて余計な菌に参加していただきたくない)
ここで表面に出来た泡は気にしなくても結構大丈夫♪

ヨーグルト作る器械なんて持ってないので
家のオイルヒーターの上にタオルで包んで載せてあっためてます。

なので、熱が均等に伝わるようにと
割と浅く平たい入れ物でやってたのですが、
今回は少し深めにしてみました。


砂糖の量のおかげか、
入れ物の深さのおかげか、

中でスが入ることもブツブツすることもなく、
綺麗にしっかり固まりました♪


固まり具合も毎回違ってドキドキなんだけど美味しいです♪




作る前は、
ヨーグルト作る器械わざわざ買うのもなんだし(フランスで売ってるの大きすぎ!)
日本のようなお風呂もないし、、、
う~んどーやったらできるんだろ?
いいなぁ、、、私もやりたいなぁ・・・と思ってたところ、
フランスでやってる方を発見♪

テレビのデコーダーの熱を使用されてるとのこと、
コレなら私もできるぞ♪
ぶぶさんのブログのおかげでやる気になりました♪

ぶぶさんありがとう♪


関連記事

0 Comments

Post a comment