flower border

信頼関係 受け手側の私の場合

Category日々是好日 (雑記・未分類)
もうすぐクリスマス♪
この時期は通りを歩く人たちも
大きな包みを抱えた方が多いですね。

DSC02336.jpg


数日前もちょっと長々と書いちゃったし

他にも
料金設定のことだとか
レッスンで大事にしたいこととか

ときどき書いてますが、、、

どちらかというと提供側の言い分。

受ける側の気持ちも、もう少し書いてみたいと思います。



私自身、
頼み込んで分割払いしたりしてそれでも長年続けてきた習い事色々あるし、
支払いが続けられないから泣く泣く辞めたものもあり。。。


どういうときに続けて、どういうときに辞めたのか・・・?


カンタンに言えば、
先生との関係がよければ続いたし、
お金や予定の関係で1年ぐらい休んでもまた復帰できたりする。

教え方や性格がどうしても嫌だったら辞めて他へ行く。
学校の場合は少々のことは気にせずがんばってみるけど、
趣味の習い事なら無理しない♪


一人一人をちゃんと観ている先生は好きだし、

自分の感情や思い込みで話したり、人と接したりする、
カンチガイの多い人は苦手。

ちょっと厳しくても、受け手の目線できちんと教えてくれる先生は好き。


そういえば、
いつもいつもお金で大変な思いしてきた割に、
安いから続いたっていうのはないなぁ・・・

フラメンコだって安いクラスより高いほうへ行って5年も続いてたわけだし。
(今年はお休みしてるけど・・・)
日本で通ってたフランス語教室だってパリで習った先生だって。。。


結局、、、


信頼関係があるかどうか。


それだけかもしれない。




私もいつも信頼していただける存在でありたい♪

関連記事

0 Comments

Post a comment