flower border

楽譜を買いに♪

Categoryパリ&フランス生活の色々
昨日楽譜を買いに行ったら、

欲しい曲のは一冊のみ。

しかも、ここの版でいいかなぁ???
って迷うやつしかなく・・・

出来れば色々見比べてから購入したい。



おっちゃんも色々見直して探してくれたんだけど、


やっぱりそれしかない!


しかも、おっちゃんいっつも応対がおもろい人で、

あっただけラッキーと思えと言わんばかりな態度。



もう一冊人から頼まれてたんやけど、
他にないもんはしょうがない、


注文するか迷ったものの、

私が取りに来ない場合は他でも良いしなぁ・・・

と、

とりあえず一冊で帰ってきました。

    blog contrebasse1


フランスの楽譜屋さんってちょっと不便なとこ多いかも。。。

特に勝手に見させてもらえない店は
店員さんに、
作曲者、曲名、エディションを言って出してもらわないといけない。

欲しいかどうか分からない曲とか、
すごい困るのよ~

もしかしたら、全然知らなかったけど
譜面見たら気に入って買うかもしれないのにねぇ。


客に勝手に自由に見させてくれるところも割とあるけど、
結局店員さんに言ったほうが早かったりして。


最近は日本みたいに自由に商品を手にとって見て良いお店が増えたから、
いちいち舌をかみそうな商品名を一生懸命覚えてから行かなくても良くなった♪

でも、

フランスのお店は、

勝手に手を出さずに店員さんに一声かけるとか、
目の前にあっても取ってもらうとか、
要望を言って合うものを出してもらうとか、

ちゃんと1人1人順番に、
店員さんとやり取りするのが当然。

マルシェもそうだし、
高級店や何かの専門店など、
ちゃんとしたとこ程そういう対応が多い気がします。



関連記事

0 Comments

Post a comment