flower border

冗談じゃないわ!!! (なぜか昨日のつづき)

Categoryリトミック Rythmic☆Eveil
意図せずして昨日の続きを書くことになりました。

え~・・・ 

今日は本当に酷い言動のお子様のおかげで

火山大噴火しまして・・・・


以前にもこのグループでは、
割と真面目に参加してる子に「中国語わかりませ~ん」とふざけて言われて

そういうこと言って良いと思ってんのか?!
それに、私は中国人ちゃうからな!!

このとき、おもっきり剣幕をみせたからもう二度とないと思ってたのに。
(腹のたち具合はさほどでもないのです。ホンマに怒ってるより2倍増し以上♪)

子供たちはもちろんこういう発言が大したことないと思っていうんだろけど
冗談じゃないわ!



まず、私、中国人じゃないし。
アジアにはたくさん国があって全てが中国人ではない!

フランス語のことで差別受けたことないからね!!!
たまに頭固い偏屈フランス人の大人にバカにされることはあったけど。

それにしたって中国人にも失礼でしょう??




件の真面目な子のほうはちょっと話せばそれで済んだが、
今日の子はほんともう。。。

頻繁にレッスン妨害してくれる上に今日の差別的言動だからね。

そもそもやる気があってきてるんじゃなくて
親が忙しいからほったらかしな上に、
お隣の仲良しの双子と一緒にいたいからここに来てるだけなんだもの。

せっかく双子ちゃんたちが集中してるのを邪魔しないで欲しいんだけど・・・
ここのクラスは私の企画じゃないから、来るな!とも言えないしねぇ。。。

ワタクシ、斜に構えた態度とかもかなり厳しく注意するけど、
差別発言や態度についてはもっと厳しいかもしれません。


3、4歳の子供だからって目をつむって良いとは思わない。
むしろ幼いうちにこそ、これは絶対やってはいけないと悟って欲しいこと。

家や学校や通りでのことはそれぞれの勝手だけど、私のレッスンでやらないで!!
っていうことの一つ。


で、その、、、一回目の問題発言がこれ。

「中国人の歌なんて歌いたくない。」

なにを~?
フランス語でみんなでやってるにもかかわらず!そういうこと言うか?

もんのすごい怒られてしばらくは
いつものようにちょっと離れて隅っこにいってて、
しばらくしたらまた寄ってきて参加しようとしたので、

今回ばかりは私もきちんと謝るまでは入れる気がないので

交渉にでましたら・・・


「あら~ じゃぁ 私も中国語しゃべれば良いんでしょ!」

っていう上から目線な態度と発言。
さすがに私も嫌ですよ、こんな態度の子供は!! 交渉決裂ね。

悪いけど、もうレッスンに入ってこないで!
今日はもうずっとそこに居なさい!!
友達同士だって謝らなきゃ仲間に入れてもらえないよね?
理解できるレベルで行動で示すよりないですね。

今回ばかりはお父さんお母さんにもきちんと話つけるからね!!


 この子に限ってですが、、、
 
 この一年間、どんなに誘ってもいつも半分も参加しないことが多かったのです。

 外には追い出せないし、無理強いしてももちろんダメだし、
 他の子達もいるのでその子だけにかかりっきりにはなれない。

 そこに居て良いよ、でもみんなにちょっかい出すのはダメ!!
 入りたければ入ってきて良いからねって好きに選ばせてるから、
 いつもは入りたいときだけ入ってきてました。

 (最初全部参加できない子も、普通はそのうち段々参加するようになって
  遅くとも数ヶ月も経てば最初から最後まで全部参加できるようになるのにねぇ。)


 
もう一回、発表会のリハーサルに再度誘ってみたら
やると言った割には自分のマリオネットを我が物にしたいだけだったのでダメ。
(マリオネットのペープサートは発表会で上手に歌った子達だけがもらえるものです♪)

・・・・困るんだけど、しょうがない、彼女無しでやりました。

マリオネットだって全員の分補強してきたし、
発表会の練習は全員でやりたかったんだけどな・・・



当然本人はそんなに酷いつもりはないでしょうけど、
大人がやったら訴訟沙汰になりかねない、発言と態度です。


こういうことは周りの大人の誰かがやってなければやらないと思うけどな、

親なのか学校の先生なのかテレビなのか近所の人なのか、
それはわからない。

でも、子供の内側から自然発生はしないでしょう?

地域的にも移民が多く、
金持ちで血統を重んじていて差別的なご家庭なんかではないはず。
(普段、庶民はすれ違いもしないけど、
 いるのよ、この国にはそういう種類の方々も。。。)

そうならそうで、もう関わらなきゃ良いだけですが。
もし極端なレイシスト一家ならしょうがない。
こっちが酷い目にあわんようにするだけよ。



直接勢いあまって電話する前に
とりあえずいつものお迎えの双子のお父さんに事情をよ~~く話し、
そちらから話しておいてもらうことにしました。  Dさん ありがとう~♪


いやほんと、がっかりよ。。。

怒り心頭!っていうより、ショックだったわ・・・

今までレッスンに積極的でなかった理由が差別意識だったっていうの???
冗談じゃないわ・・・


最初は恥ずかしがりをやっててなかなか参加しなかったのが
だんだん私に普通に話すようになり、

最近は、レッスンにも大分参加できて
良い感じで全員でレッスンできるようになった日も増えた矢先にこの態度。


これからもまたこういう子が来たりすんのかなぁ・・・・とか思うとちょっと凹むわ。



何度も言うけど、
今までの13~14年のフランス生活の間、

この子達のグループ以外のところで
このような、あからさまな人種差別を受けたことは今までに一度もありません。

日本人であることで優遇されることもあれば
フランス人じゃないせいで色々困ることも当然あるし、
スリ集団に目をつけられることもあったりするけど、

アジア人であるがゆえに何か酷い目にあったことなど一切ないです。 


だからちょっとした一大事だったのでした。

そういえば、色々遠回りもしながら、
これだけ恵まれてる環境なのはありがたいねぇ♪
関連記事

0 Comments

Post a comment