flower border

弦バス指導 日本帰省2014⑤

CategoryClassic☆Contrebasse
今回も地元で音楽教師をしている友人の学校で
ブラスバンドの弦バス指導~♪

夏だけとはいえ、
1年生のときから見てきた子がもう3年生!

コントラバス・・・自分で選んだんか? だいじょぶか??
と思うぐらい、ちっちゃくて細かった子が、
私より背が高くなってました!

もちろん楽器の方も上達してて嬉しいわ♪

2、3年生二人、そろってコンクールに出られるので
1回目は基本的なこともやるのだけど、
主にコンクールの曲に関することを、

残念ながら市大会で終了してしまったため、
2回目のレッスンは基本的なことをしっかりと。

毎月のようにレッスンできないので、
私が居なくてもある程度自分たちで維持できるように・・・

できるだけ上達して、楽器も吹奏楽も楽しんで欲しいもんね♪


とはいえ、学校楽器というのは・・・

楽器の質やレベルはともかく、
ボディサイズや弦高、弓の毛や弦の状態など、
何とかしたいことが山盛りある。

普通、公立中学校で購入するような楽器は
たいてい中学生の子供たちの体に対して大きすぎます。

部費や学校の予算枠では
コントラバスのお手入れにまでお金がほとんど回らないのも重々承知ですが、
一生懸命頑張っている子供たちが手や背中を痛めるような楽器では困ります!

楽器の構え方がゆがんだり、無理な力で弾いたりしては、
体の発達にも悪影響!

私の友人のところのはそうひどくはありませんが、、、
やっぱり大きいのよねぇ。。。特に後輩用の、なんとかしたいね。

ごめんねぇ、、、結局、去年からそのままやわ。。。
とため息をついてはりましたが、
修理したいポイントは一応伝えておきました。

経費の問題だけでなく、
修理に出すタイミングも困るよね、
上手く行くといいね~。

それにしても、
ほんと学校の先生は大変だわ、すごいわ。。。


楽器そのものの問題点はお伝えするだけになりますが、
レッスンでは、

いかに体を痛めずに上手に全身使って良い音出すか?

を、短時間で何とかお伝えしています。

特に楽器の構え方、体の使い方、
弓の持ち方、
どうすればもっと響くのか、
よく出てくる音形に合う弓の使い方、など。。。

マスターするにはそれなりに時間かかるだろうけど
理解できてその通りにやればすぐ結果でるもの♪
耳や体感で分かれば、
後は慣れるまで練習するだけ♪

IMG_3035.jpg

※次回帰国時も他の学校もレッスンいけたら良いなぁと思っているので
(関西の)ブラバン顧問の先生ご連絡ください♪
また、たぶん夏休み中です。

アマオケのベースパートとか個人の趣味の方もレッスンいたします。

日本では、
帰国してる間でなおかつ電車で行ける範囲という限られた中でしかお受けできませんが
たまにはフランスでの奏法(と言っても人によって違う部分もあるけど)を学ぶのも、
演奏の幅が広がって面白いと思いますよ~♪

日本帰省2014⑥へつづく。
関連記事

0 Comments

Post a comment