flower border

スポンサーサイト

Categoryスポンサー広告
  •  closed
  •  closed
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のくねくねした道

Category日々是好日 (雑記・未分類)
          IMG_2845.jpg
あまり書きたいことではなかったから
今まで書いてないし、
今日も何でこれを書くのか良く分からないのだけど、
書き記しておこうと思います。

IMG_2505.jpg

ここのところ時々、10年ぐらい前に関わった人たちを思い出します。

できるだけ思い出したくなかったりするwww

なんで?
もういいよ・・・・と思うのに、思い出すときは思い出すよね。。。

一般的に言うような分かりやすいレベルでの
恨みや後悔のレベルの感情なんてもうない。

そこで引っかかってるほど暇じゃなくて
必死で這い上がってる間に忘れてしまったもの♪

でも、

何にも心に引っかかることなくなってすっかり許せてるわけでもない。

色んなスピ系ワークでやるように、
光を送ってみたり、
ロケットに乗っけてぶっ飛ばしてみたり、
本当にいろいろやったけど、

じゃ、まるまるその人たちを愛せますか?といわれれば、
んなわけねーだろっっ!!!
ってまずは突っ込みたくなる気持ち、いまだに少し残っていますw

そこがクリアになったところで
また出会うことはありえない、とは分かってるのにね。

そういうの、封印して先には進めないよね~
だから思い出すんだろうなぁ。

終わってまえへんで~♪と顔をだしてくる。

出てくるたびにセドナメソッドで解放~♪
意識のゴミ箱にさようなら~♪


まだ40まで数年残っている私でも、
2回ほど、危険だったなと思う時期があります。
(襲われるというダイレクトな身の危険を感じたことも数回ありますが、また別の機会に)

大学受験の頃の死にたかった時期、
そして、
10年ぐらい前の死ぬ一歩手前だった時期。

どちらも、今の私からすれば似たような時期だけど、

死というものを
自主的に選ぼうとしていたか、気付いたらそうだったのか
という点では大きく違います。
(自主的だったからと言って未遂事件を起こしたりはしていません!
 ただ毎日毎晩、明日も生きるのか、これで終わりにするのか、自問していました。)


状況も似ていてどちらも、
私にとって身近な人たちが一番ひどいことをしてくるという体験。
注:こうやって書くことで具体的に誰がどうと批判したいわけではありません。

SOSの言葉ではまるで通じない、
行動でも全く通じない、
悪く取られるばかり。

相手の都合よくやらないかぎり私の存在価値はない。

必死なんだけど、何も良くならない、
絶望的な気持ちは押し殺して楽しそうに振舞う。

そんなの続けるの無理だってば。。。


10代後半のつらさは、それまでに溜まってきたものの集約。
(もちろん、今なら自らそれを選んできたともいえるけれども、
幼い頃からのことだから当時の私には分かりません。
生まれる前から選んできたのかもしれません。)


精神的につらいのは大学に入った頃がピークだったけど、
1人暮らし始めて自分を取り戻せる場所を得られ、
そして、
親しい友人たちに助けられて乗り切ることができました。

私の学んでいた学部には色んな背景を持った人が集まっていたので
特に今の私ぐらいの歳の友達が、
「今はそうでも年取ったら変わるよ」と教えてくれた、
その言葉がかなり支えになってました。
実際に経験した方の言葉は説得力あるもの。

誰だって程度の差こそあれ、両親との確執はあるもの。
誰にも人のつらさは測ることはできないから比べようがないけど、
ただ少し分量が多かっただけ。
幸い、自殺や他殺、非行へ向かわずに済んだだけ。
外でのさまざまな関係が支えてくれたおかげで。


IMG_2507.jpg

10年前のは、
その大学生の頃に解決しきれなかったまま持っていた、
そして更に上乗せされた、
つらかったことの集大成的な3年間だったかも。

今となっては
更に自分の首を絞めるようなあの状況を自ら選んだこと自体が不思議。

でも、
その当時は上手くいく、きっと良くなる!って信じてたのでした。

結果は・・・

少しの演奏経歴を残すこと以外、
何一つ良くすることはできず、
自らの心身を壊すことしかできなかったけれども。

周りにはいい風に見えていたかもしれないけど、
実際はものすごくつらいばっかりだったのでした。

自分でもうすうす感じていたけれど、、、
ある自然療法の方にはっきり言われて腑に落ちたこと。

このままだと死にますよ!って。
あの眼光鋭く本気で諭してくれた顔は忘れられないわ。

私が言うのでは通じず無茶を要求する人の目の前で
はっきり言ってくれたことにずいぶん救われました。

その後すぐではなかったけれど、
私自身の心の整理が大分できた頃、

全く良くなるどころか泥沼化していくばかりの、
そのつらすぎる関係からキッパリ離れることができ、
色んな方々の助けを借りてどんどん元気になりました。

色んなセラピーをしている人にお世話になり、
信頼できる人たちにたくさん話を聞いてもらい、
弁護士さんにもお世話になり、
割とスムーズにことが運んですっきりしました。

引越しもして、
アルバイトも始めて、、、
その2年半の間は封印していた好きなことを
全部自由にできるようになって、

なんだか無我夢中でやってるうちに通り過ぎました。

げっそりやせ細っていたのが、
元に戻ってきてちょっと太ったかなってぐらいになって、
親しい友達の安心した笑顔を見たときには
私もすっかり元気になっていました。

相手が誰であろうと
自分でなくなることを要求されて
必死に応えようと頑張ってきた20代半ばまで。

やっと20代後半になって、
自分の人生を生き始めたように感じています。

IMG_2838.jpgじわじわした坂道をのぼって

IMG_2844.jpgなんかこう、曲がりくねってるのよね、選択肢もありつつ、

          IMG_2845.jpgこんな風にまっすぐは来なかったわ。

長くなりましたが
読んでくださった方、ありがとうございました。

関連記事

- 0 Comments

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。