flower border

祈る思い

Categoryパリ&フランス生活の色々
先週の金曜の夜、

郊外に教えに行って帰ってきて
いつもどおりの金曜日を過ごしていたら。。。

とんでもなくショッキングな事件が起こってしまいましたね。

なかなか上手いこと言えるほうじゃないので
たくさん安否確認のご連絡をいただいたりしてるから
何か書きたいけど何も言葉が思い浮かばなくて
今日になりました。

日本の友人知人から連絡をたくさんもらって
やっと事の大きさを理解したぐらい、
現場からも遠く、
何事もなく無事過ごさせてもらってます。

心配して連絡してくださったみなさま
本当にありがとうございます。


なくなられた方々のご冥福を、
そして、
その場に居合わせた方々の心身の傷と
その身内の方々の心が癒されるように、
また、
テレビなどから知って衝撃を受けた世界中の人たちの心の安定も、
心から祈っています。

t02200165_0480036013173106845_2015111705503845f.jpg


1月のシャーリー・エブドも
その前のテレビ局襲撃も
標的が明確だったのが

それだって恐ろしい話で
これ以上起こってほしくないことだけど、

なんていうか、
普通の庶民はちょっと距離のある話だったと思う。

(ちょっと前のタリスの未遂事件もやばかったけど)


今回は、
そこに居合わせた人たちに無差別に発砲されてる

というのが
パリ、フランスだけでなく
世界中の人たちに大きなショックを与えたと思います。


私はエンパス傾向があり、
人の感情とかにやたら敏感なので、

情報は知りたいけど
知れば知るほど辛くなる一方。


もうほんとに
友人知人が無事なのを
FBやなんかで知るたびに
すごく嬉しい、ありがたいって涙が出るぐらい。

実は、
東日本大震災の福一の爆発映像を見た後から
アトピーがものすごいひどく出て治るのに時間かかってるから
後になって思うのは
あの時のものすごいショックが引き金を引いたんだなってこと。

だから、

また感情の波でおぼれないよう
自分がぶれないよう一生懸命
できることは何でもやって過ごしてます。

不安や恐怖に振り回されたり、
献血やらボランティアやら行進やら、
何かやらなきゃって必死になるんじゃなくて、
できるだけ自分を整えて、
穏やかで平和で愛の波動を発信している状態を作り続けたいと思います。



金曜の夜、私が事件を知ったのは
日本の母の電話から。

急いでテレビのニュースチャンネルにしてびっくりしました。



今、
フランスへの祈り、パリへの祈りのムーブメントが大きくなっていますが、
もちろんそれもすごく大事なんだけど、


金曜の夜、パリで起こったようなことが、
毎日毎日起こっている、
もっとひどいことが起こっている、
そういう地域がたくさん地球上には
残念ながらまだあって、
(なかなか報道されないけど!)

そこで生きている人たちは

私達が感じた恐怖や不安なんかはるかに超えたものを
私なんかには想像できないし共感しきれないほどのものを

常に感じて生きているんだろうなと思ったら

胸が張り裂けるぐらい悲しい思いが沸いてきます。


ニュースを見て一番に感じたのは実はそのことだったの。


パリだけじゃないっていうか、

(ニュースで観る爆撃を受けている街などのことを)
うわ・・・こういうことなんだ
って言うかもっとひどいんだよな

ってこと。

想像しきれないけど
ちょっと思いをはせるだけで
クラクラしてくる。

ちょうど、共感できる詩の日本語訳がFBで回ってきたのでコピペします。


カルナ・エザラ・パリクさんの詩。幾島幸子さん訳
*********************
「私たちが捧げるべきなのは、パリへの祈りではない。
世界への祈りだ。
パリの2日前に連続自爆攻撃にさらされたベイルートのことは
ニュースで伝えられない、そういう世界に祈りを捧げよう。
バグダッドの葬儀場が爆撃されても、死者に白人がいなかったから、
誰も「バグダッド」について投稿しない、そういう世界に。
祈りを捧げよう、
テロ攻撃を難民危機のせいにする世界に。
攻撃者と、あなたと全く同じものから逃げようとしている人とを
区別しようとしない世界に。
祈りを捧げよう、
背中に背負ったもの以外何ひとつ持たず、
何ヵ月もかけて国境を越えてきた人びとが
おまえたちに行くところはないと言われる世界に。
パリのために、ぜひとも祈りを捧げよう、
でもそれだけではいけない。
祈ろう、
祈りを持たない世界のために。
もはや守るべき家を持たない人びとのために。
身近な高層ビルやカフェだけでなく
いたるところで崩壊しつつある世界のために。」
*********************

12219497_10153207396053202_4015773818129842002_n.jpg



今回はとうとう大統領も首相も、
「戦争」と言う言葉を公式声明で使っていたのが
ちょっと心配。。。

このまま平和な街に戻って
二度とパリでも他でも同じようなこと起こらないでほしいです。




なんだかんだ言っても
家の近所はいたっていつもどおりなのだけど
やっぱり外出にはちょっと慎重な気分になってしまいますね。



でもでも、
お家に閉じこもってたり
近所の狭い移動だけじゃなくて
ママも子供と一緒にリフレッシュするために
リトミックのレッスンに来てみませんか?


11月の親子レッスン等、予定通り行います。

詳細はこちらの記事へ♪

もちろん、

出かけるのは不安だけど
うちに来てくれるなら、、、というならば
出張レッスンも伺います!!

是非ご連絡ください♪


リズムや音に合わせて体を動かして、
いろんなイメージを表現したり、
普段は聞けないような楽器の音を聴いたり
楽しい時間を一緒に過ごしましょう♪
関連記事

0 Comments

Post a comment